アロマカウンセリング リーディングセッション タロット 札幌

アロマポットで楽しむ

アロマポットで楽しむ

家にあるもので楽しむでご覧いただいた通り、アロマオイルは手軽に楽しめるのが魅力です。

マグカップにお湯を入れてオイルを数滴、あるいはハンカチやもっとてっとり早くティッシュにも・・・。

でもご存じですか?専用のアイテムを使うと香りだけじゃなく、見た目も楽しめる事を。

そんな素敵な“より深い楽しみ方”をここでは紹介いたします。

家にあるもので楽しむ紹介したマグカップを利用した方法と基本は同じですが、マグカップではすぐにお湯の温度が下がりオイルの効能も落ちていきます。

そこで専用のアロマポット(アロマランプ)の出番です。

火や電気の力でオイルの温度を“常に一定”に保ってくれるのがアロマポットです。


  • 冬場なら・・・ストーブのそばにオイルとお湯が入ったマグカップを置いて一定に温度を保つ事は可能です。でも寝るときにストーブのスイッチを切ると、そこから急激に覚めてしまいますよね。これでは安眠を得ると言うアロマの魅力の1つが欠けてしまいます。

  • 夏場なら・・・エアコンの効いている部屋ではお湯の温度はすぐ覚めてしまいます。清涼感を楽しむペパーミントオイルの香りもお部屋に中々伝わりません。



これらの問題もアロマポットを使用する事ですべて解決します。

この様にとても魅力的なアイテムですが、大きく2つのタイプに分けられます。

  • 1つは電気タイプ(電気ポット)
  • もう1つが火を使うタイプ(キャンドル方式)

香りの工房では、安全面から主に電気アロマポットをお勧めしています。

電気ポットの特徴

  • 電球の熱でアロマプレート(オイルとお湯を入れる皿)を温め香りを広げます。電気なので一定の温度を保てるのも特徴です。家庭用電源を使用します。
  • 電球の柔らかな明かりとオイルの香りで、心地よい眠りを誘う事が出来ます。特に「真っ暗だと眠れない方」には就寝中のご利用もお勧めです。
  • 小さなお子様がいるご家庭でも安心して使用できます。
  • 電気代もわずかなので経済的。香りと明かりの両方を安心して楽しめる素敵なアイテムです。


キャンドル方式の特徴

  • キャンドルに灯された火の熱でプレートを温めます。
  • “火を付ける”と言う手間が必要ですが、そのひと手間を魅力に感じるファンも多いです。
  • 電気とは違った温かさが楽しめます。また電気よりも高い温度になりやすいので、アロマオイルが持つパフォーマンスを高い次元で楽しむ事が可能です。
  • 火を使うので、どうしても寝ている時は使いにくいと言う方もいます。またお子様がいる場合は、不安と言う方も。
  • キャンドルを消した時の匂いが気になる、と言う方も時々います。

    

この様に、“手軽に楽しみたい方向けの電気ポット”それに対して“より深くアロマを知りたい方向けのキャンドル方式”と考えて頂ければ良いでしょう。

香りの工房では、一般の方が家庭で楽しむのなら電気ポットで十分と考えており、お勧めしています。

この電気ポットにも、2つのタイプがあります。

こちらで是非その魅力をお楽しみください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional